ブ ロ ッ ク チ ェ ー ン セ キ ュ リ テ ィ 企業 Basset (バ セ ッ ト) が 暗号 資産 (仮 想 通貨) リ ス ク 分析 API を リ リ ー ス | あ た ら し い 経 済

ブロックチェーンセキュリティ企業Basset(バセット)が暗号資産(仮想通貨)リスク分析APIをリリース

ブロックチェーンセキュリティー企業「Basset」が、暗号資産(仮想通貨)事業者や開発者に向け、AML/CFT(資金洗浄およびテロ資金供与の対策)リスクを自動評価するAPIをリリースしたことを発 表.このAPIのリリースの目的はサービス利用者が安全な取引を実施できるようにすることとのことだ。

Bassetはブロックチェーン、暗号資産関連のスタートアップでもこのAPIを利用できるようにするために、初期導入費用をなくし従量課金モデルを導入している。

この暗号資産リスク分析 API は無料、ベーシック、プロ、の3 種類の価格体系で提供される。 無料:APIの利用、ブロックチェーン情報の取得。 ベーシック(1取引50円):APIの利用、リスクスコア取得。 プロ:1取引100円:APIとブラウザ、リスクスコア、スコア内訳、取引グラフ、ケース管理などを取得する。

なおこのAPI は、暗号資産を扱うプラットフォームに対して利用者から入金・出金要求があった際に資金の流れの健全性を毎回チェックするために使われることを想定しているとのことだ。

編 集 部 の コ メ ン ト

各金融機関や金融サービス事業者では、CDD (Customer Due Diligence) と呼ばれる顧客情報の管理プロセスが非常に重要とされています。そしてCDDはブロックチェーン業界においても非常に重要なものだと考えられます。

Bassetのようなブロックチェーンに特化したセキュリティ企業が監査法人などと連携して、デジタル化されたお金の流れや暗号資産などのリスク管理を徹底して監査を行うことは、永続的な業界の発展にとって極めて重要なことだと考えています。

コ メ ン ト:竹田 匡 宏 (あ た ら し い 経 済 編 集 部)

(images:iStock/Tuadesk・a-image)

Källa: https://www.neweconomy.jp/posts/58904